MENU

悪玉菌はどんなもの?

悪玉菌を皆さんはちゃんとわかっていますか?
悪玉菌という名前のイメージから、悪者ってことだけ知っているよって方も、以前の私と同様に多いと思います。

 

 

悪玉菌ってどんなもの?

人間の腸内にはたくさんの細菌が生きています。これは健康な方、そうでない方、老若男女とわず誰にでもすごくたくさんの菌がいるんです。

 

悪玉菌とは、そういった数多く存在する菌の中で、人間に対して悪い影響を及ぼすものの総称をまとめて悪玉菌という名前で呼んでいるんです。
腸の中でも大腸と直腸に生息して、有害物質を生み出すのと同時に、善玉菌の働きを妨害するんです。

 

悪玉菌の働き

腸内にあるものの腐敗を進め、下痢や便秘を引き起こし、アンモニア、硫化水素などの有害なガスを排出する。
また、悪玉菌の働きは体の免疫力を低下させたり、発がん物質をつくるようにもなるんです。

 

悪玉菌が増える原因

体の免疫機能の低下や、日々の食事の傾向が偏ることで悪玉菌が増える要因になっていきます。
本来、人間の体は生まれたての段階で、腸の中にはほとんど善玉菌しかいないと言われています。

 

そこから、年齢を重ね、免疫機能も低下してくる中で悪玉菌も増えていく傾向があります。

 

また、悪玉菌は、肉などのたんぱく質やアミノ酸を栄養源とするために、消化の悪い肉類が中心になっている食事が悪玉菌を増やす原因にもなるんです。
その上、食物繊維が少ない、野菜をあまり食べないなどの影響も悪玉菌の栄養を腸内にとどめやすくするため、
間接的に悪玉菌の増える原因にもなるんですよ。

 

悪玉菌が増えることで起こること

悪玉菌が増えると、体の代謝も悪くなり、太りやすくなったり、下痢や便秘が起きやすい体質になります。
また、免疫力も低下するので、病気にもなりやすくなったり、肌荒れも起こりやすくなります。

 

そして、悪玉菌の出す腐敗ガスである、アンモニア、硫化水素の影響で、口臭や体臭もにおうようになってしまいます。
口臭や体臭は自分ではなかなか気が付かないので、その原因が腸内環境が悪玉菌のせいで悪化しているとわかりにくい状況にもあるんです。