MENU

お酒習慣の常識?便秘とアルコール

便秘になる原因はいくつかありますが、その一つにアルコールがあります。
アルコールには、強い血管拡張作用があり、それによって利尿作用によって水分が失われ、便秘が生じます。
利尿作用とは、排尿量を多くする作用のことで、排尿量が多くなることで、摂取した水分以上の水分量が尿として排泄されてしまい、体内の水分の一部が失われることになり、体液量が低下してしまいます。
体液水分のほとんどは、大腸で吸収されたもので、アルコールの摂取によって体液水分が過剰に失われると、大腸内の水分を吸収しようとし、結果便に含まれる水分量が減ってしまい、硬い便となり、便秘が生じます。
またアルコールには、利用作用以外にも、自律神経系にも作用し、自律神経失調症を誘発していまし、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、その結果排便障害が生じます。交感神経の働きが鈍くなることで、腸のぜんどう運動が抑制され、便秘になり逆に副交感神経の働きが強まると、下痢が生じます。
このようにアルコールによる神経障害作用によっても、便秘となることがありますから、飲酒の時には、便秘や脂肪肝、高血圧症などの疾患予防を念頭に置いて、日頃から注意しておく必要があります。

 

適度な飲酒は、ストレス解消や血行促進にも効果があり、水分補給にもなりますが、一方で胃腸を刺激して便秘を促すというメリットもあります。
ただこれは適量を摂取した場合の話で、飲み過ぎは逆に便秘や下痢を引き起こしてしまいます。
飲酒によって、胃腸が荒れるという場合は、炭酸ガスが胃腸を刺激するために、多量に摂取すると下痢をする人が多くいます。
また過度の飲酒によって痔を悪化させることもあり、その結果排便するのが怖くなるため、便秘も悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。
そのほかにも、飲酒によって腸内の便を硬くする要因となり、寝る前の飲酒は、副交感神経が優位にならずに緊張状態が続き、不眠野症状が現れることもあり、体内で行われる代謝活動が低下し、便秘を招くことにもなります。
飲酒する場合には、枝豆や冷や奴などの豆類は、植物性のタンパク質や水溶性の食物繊維が豊富な海藻などを食べるようにすると腸を活発に動かすことで便をスムーズに排出することができます。
適度な飲酒は薬にもなるといわれますから、適度に摂ってストレスを解消させることも大切ですが、やりすぎるのはよくありません。そのため、遅くまで飲んだり、食事の時間をずらさないように適度に飲むことを心がけましょう。

 

アルコールが腸内に与える影響

アルコールの飲みすぎは肝臓にダメージをなんてイメージは誰もが持っているのですが、
他の臓器にも影響を与えるんです。

 

これはアルコール自体の特性も関係していくのですが、通常飲みすぎたアルコールというのは
胃で約20%が消化吸収され、残ったものが小腸で吸収され血液の流れに乗って全身に運ばれるんです。
最終的に血液に運ばれたアルコールは肝臓によって消化分解されるんですね。

 

毎日たくさんのお酒を飲む方は、肝臓の仕事量を超えたアルコールを消化しなければならず、
問題が発生するというメカニズムなんですね。

 

最終的な到着点である肝臓に悪いというのはわかると思うのですが、
胃腸にも影響が与えているということにも気が付かなければならないんです。