MENU

便秘が口臭の悪化を招く?

便秘はただ排便が困難になるだけではなく、身体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。
便秘は口臭や体臭の原因となることがあります。

 

便が長期に渡って体内に蓄積されると、腸内では悪玉菌が増加します。
悪玉菌が増加すると、便の腐敗と発酵が進みます。
腐敗した便は発がん性物質などの有害物質も発生してしまうのです。
そしてこの有害物質が口臭や体臭の原因のもとです。
本来は便と一緒に有害物質は体外に排出される仕組みです。
しかし、便秘で行き場をなくした有害物質は腸の壁から吸収されてしまい、血液中に溶け出します。
血液に溶け出すことによって全身に有害物質が巡ってしまうのです。
全身を巡った有害物質は、多少は肝臓で解毒される分もありますが、皮膚や呼気から排出されます。
この際に腐敗臭も一緒に放出されます。

 

 

皮膚から体外に排出されたものは体臭や肌荒れの原因となり、呼気から排出されたものは口臭の原因となります。
おそろしいことにこの有害物質がもとになっている悪臭の成分も、便臭と同じようなものとなっていると言われています。
この体臭や口臭を治すには便秘を解消するのが一番の方法です。
悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことを頭に入れましょう。
善玉菌を増やすことによって、有害物質の発生を低くおさえることができます。
腸内の環境を改善することによって便秘も解消されるというわけです。
善玉菌を増やす為には、善玉菌の大好物であるオリゴ糖や食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。
悪玉菌の大好物は動物性脂肪ですので、動物性脂肪は摂取を減らすようにしましょう。
欧米型の食事内容は動物性脂肪が多いです。
食物繊維の中でもとくに善玉菌が好きなのは水溶性食物繊維なので、水溶性食物繊維を意識的に摂取するようにしましょう。
また善玉菌が含まれている発酵食品を食べることによっても、腸内の善玉菌を増やすことは可能です。
代表的な善玉菌の種類はビフィズス菌、ガセイ菌、アシドフィルス菌、乳酸球菌などがあります。
代表的な悪玉菌は大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などがあげられます。
悪玉菌が増加してしまうと腸の動きは弱まります。
便秘の可能性アレルギーや大腸がんなどのリスクも高まります。
便秘の原因は他には水分不足も考えられます。

意識的に水分を摂取するようにしましょう。
その際にジュースなど糖分の入ってるものではなく、お茶やミネラルウォーターなどを摂取するようにしましょう。

 

口臭は自分ではなかなか気が付かない!

自分の体臭や口臭というのは、自分ではなかなか気が付きにくいものです。
毎日歯を磨いているから、自分は大丈夫!

 

そんな先入観があるために、誰かから口臭がくさいよと指摘されたとしても、受け入れがたい現実に感じる方も多いと思います。
しかし、そんな間にも他人には不快な思いをさせてしまっていることになっています。

 

できるだけ便秘が解消されるまで油っぽい食事は避けるようにする。
これは、肉中心でその中でも脂質の多い部位は、腸内で発酵してしまってよりにおいのもととなるためなんです。