MENU

いつもよりも細い便って何かの危険信号?

体はいつも道理で健康なんだけれど、急に細い便がでた!!
このような経験をして焦ったことがありませんか?

 

気にならない方は、いつもと違うな・・・。くらいだと思いますが、気になってしまったら
腸内の病気などのシグナルでは?と思ってしまいます。

 

ただ細くなるだけではなく、柔らかい便、つまり軟便が同時に起こる場合がほとんどで
両方のケースを特集していきます。
食べ物は胃や小腸で消化吸収され、残った栄養素を吸収して水分も同時に吸収し、
ここでうんちが出来上がっていくんですね。

 

便が細くなる原因

便、うんちというのは食べたものを胃腸で消化吸収された残りで、
そこから水分や他の老廃物と一緒に排泄されるべきもので、その便が細くなるというのは
考えられる原因としては体の中の病気や病気の前触れ(予備軍)と、体の構造上の問題の
2種類が存在します。

 

まずは病気についてを詳しく見ていきましょう。

大腸の病気が原因となって便が細くなるケース

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 過敏性大腸症候群(IBS)

大腸が問題になっている場合、このような病気が疑わしいといわれています。
大腸の中にこれらの病気によって腫瘍やできものが発生して便通り道が細くなっている影響で
便が細くなってしまうことが考えられるんですね。

 

体の構造上の問題で便が細くなっているケース

体の構造と言ったら難しい表現に聞こえると思いますが、たとえばお尻の中に大きないぼ痔ができていて
肛門の出口寸前で便の通り道を邪魔している場合、どうしても便は細くなるということが原因として考えられます。
これも体の構造上の問題といえるでしょう。

 

  • 大腸の動きを促進する筋肉の低下
  • 肛門の筋肉の低下

細い便の原因となっているのはほとんどの場合これらの筋肉の問題が原因となっています。
先程は病気という面での原因の話をしたのですが、それは病気の可能性があったなら
病院でしっかりと検診を受けたほうがよく、なるべく放置しているとより深刻な病気になってしまうと
困るからなんです。
自分の体は自分が一番よく知っているとはよく言ったものですが、中身のことまではわかりません。
怪しいなとおもったならば、たかが細いうんちではなく病院で調べてもらうようにしましょうね。