MENU

便秘に効果のあるお茶も様々

運動や食物繊維の摂取にヨーグルトと、何をやっても効果がない便秘はお腹も張って辛いものです。
何日も出ていない状態は、ポッコリお腹にもなるし、外見でもわかったりもしますよね。

 

身近にあるもので、便秘が解消できないものでしょうか?
どこの家庭にも置いてありそうな日本茶ですが、お茶に含まれるカフェインに便秘解消の効果があります。

 

カフェインは、正常な動きが出来なくなっている腸を刺激して、便を排出しやすい環境を作る働きを持っています。
コーヒーにも含まれていますが、お茶の方が多く含まれています。

 

ただ、カフェインは過剰摂取すると逆に便秘になりやすい傾向もあるので注意が必要です。
カフェインには、利尿効果もあるので、せっかく摂取した水分を体外へ排出してしまう可能性があります。
そうするとまた便が硬くなり、便秘になりやすくなってしまいます。

 

日本茶には他にも、カテキンが多く含まれています。
このカテキンも、風邪ひいた時の喉の殺菌効果が良いと言われているように、
腸内の悪玉菌をやっつけてくれる上に、善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
カテキンの持つ殺菌作用は、善玉菌は減らさずに悪玉菌だけを減らしてくれて腸内環境を整えてくれるのです。
最近は便秘茶と言うように、便秘専用のお茶も販売されていますが、キャンドルブッシュと言う成分は、大概便秘茶に含まれている事が多いです。
しかし、キャンドルブッシュにも下剤作用があり、一時的に効果はあっても、その後、更に症状が悪くなるケースもあるようです。
下剤作用があると言うことは、便秘薬を常用することと同じ事になってしまい、
効果が薄くなると量を増やしていくと言うのを繰り返していくうちに効果が効かない体質になってしまう危険性があります。
お茶の力で便秘解消する場合は、キャンドルブッシュが含まれていないものをお勧めします。

 

お茶の便秘編効果が期待できる成分

  • カテキン
  • 水溶性食物繊維
  • ビタミンC
  • マグネシウム

これらの成分は便秘に効果が期待できる成分で、便秘茶にもよく使われる成分でもあります。
軽く説明していくと、カテキンには高い殺菌効果があり、体の中の悪玉菌を減らし、結果として善玉菌を増やすきっかけを与えます。
水溶性食物繊維は水分が不足して硬くなってしまっている便を柔らかくする効果が期待できます。
ビタミンCは免疫アップと善玉菌の働きを活性化させる働きがあり、お肌にも必要な成分ですよね。
マグネシウムは便秘薬にも使われるくらい、詰まっている便を排出させることが期待できます。

 

日本茶が苦手な方には、ハーブ茶もあります。
薬のように押し出す力は無く、自然と便が排出できる身体に整えてくれる働きがあります。
赤色の綺麗なローズアップティは、とてもビタミンCが豊富に含まれており、肌にも良く善玉菌を増やす効果があります。

 

カモミールは、ストレスなどが原因の場合に、効果が期待できます。
フェンネルティは、あまり聞きなれないハーブですが、魚料理にも利用されているハーブで、
消化を促進させてくれるほか、腸の動きを正常に整える効果やガスの排出まで手助けしてくれます。
ハーブティの良いところは、他のお茶とブレンドしたり、はちみつを入れるなどして飲みやすくアレンジできます。