MENU

子供の便秘予防

便秘は大人だけの悩みではありません。赤ちゃんや子供でも便秘になることがあります。子供の場合には、大人と同じようにストレスや食生活によって便秘になることもありますが、その他にも、学校に通ったり、集団で生活をしている場で、トイレを恥ずかしがることで、便秘になりやすいこともあります。
周囲の友人から、からかわれたりすると、トイレで排便をすることを我慢してしまい、腸内で便が固くなり、排便時にかなりの苦痛を伴ったり、スムーズな排便ができないためです。また、からかわれたりすることで、精神的なストレスを抱え込むことにもなり、その影響も便秘へとつながることも考えられます。
そのため、親としてできることは、子供がトイレに対して嫌なイメージを持たないようにやさしく諭すことが大切です。自宅でも、なかなかトイレに行きたがらない場合には、強い口調で責めてはいけません。できるだけ、やさしく諭しましょう。強い口調で言ってしまうと怖がってしまったり、トイレに嫌なイメージを持ってしまうことになりかねません。そのような状況にならないように、やさしい口調で諭しましょう。

 

また、子供の場合には、筋力が未発達なため、腹筋もしっかり鍛えられていません。そのため、排便時にお腹に力を入れても、うまく排便できない可能性がでてきます。適度に腹筋を鍛えることも大切ですが、全身を動かし体全体の筋力を鍛えることも必要です。
健康を維持することにもつながりますし、体を動かすことで、腸を刺激することにもなります。腸が刺激を受けると動きがある程度活発化するため、便通がスムーズになることにもつながるでしょう。
その他にも、食事で偏りのある食事をせずに、栄養のバランスを考えた食事を食べさせることも重要です。好き嫌いが激しく、好きな食べ物しか食べないこともありますが、できるだけ、いろいろな食材を使った料理を食べさせることで、体に対して栄養不足が起きないようにしてあげることも大切なことです。便秘予防にもなりますし、免疫力向上にもなるため、病気にもかかりやすい元気で健康な体を維持することにもつながるでしょう。
食事も大切ですが、便秘を予防するためには、こまめに水分をとらせることもまた重要なポイントといえるでしょう。水分が不足してしまうと、便が固くなりやすく、トイレで排便をする時に痛い思いをしてしまいます。そのようなことにならないように、こまめな水分補給をこころがけるといいでしょう。