MENU

頭皮ケアにコラーゲンの摂取がおすすめ

頭皮のケアでは、固くなった皮膚を柔らかくすることも大切な要素の1つになります。

 

頭皮が固くなってしまうことで血液の流れが悪くなり、
そのために栄養を毛母細胞や毛乳頭細胞に届けることができなくなってしまい、
抜け毛が増えてしまうなどの症状に陥ることになります。

 

固くなってしまった頭皮を柔らかくするには、一般的な方法としては
マッサージを施すことで改善をかかることになますが、
根本的に改善を進めたい場合には効果のある成分の摂取も必要になってきます。

 

若返りなど、肌に高い効果があるものとしてコラーゲンがあります。
分類としてはタンパク質の1つとなり、人体を構成している
約10万種類のタンパク質の、その1/3を占めていることが知られています。

 

人体のあらゆるところに存在しており、特に、人間の約95%を占める真皮の
約70%はコラーゲンが占めています。

 

真皮とは、人間の皮膚の一番外側の部分を指し、
肌の形や弾力を保つ大切な働きを持っていいる部分となります。

 

コラーゲンを生成する繊維芽細胞は、老化や栄養不足で
その機能が衰えてくると入れ替えをうまく行うことができず、
結果として、肌の弾力が無くなり、皮膚が固くなってしまうことになります。

 

これは、頭皮にもあてあまり、そのために、補うためには、外部からの摂取がより効果的な方法となります。

 

頭皮が固くなってしまっている状態であれば、コラーゲンを取り入れることで
改善を期待できることになり、それは、育毛にもよい影響を与えてくれます。

 

摂取をする場合には、便利なサプリメントが販売されており、
これを利用することが簡単に行うことができますが、
生活をする上でも食べ物から摂取をすることもできます。
摂取には、多く含まれている肉や内臓などの動物性タンパク質を
取る必要がありますが、鶏の手羽先や軟骨、牛すじやモツ、レバーなどにも含まれています。

 

これらの食品は、100g中に、例えば、手羽先で1,550mg、鶏軟骨で4,000mg、牛すじで4,980mg、豚白モツで3,080mgと高い数値を示しており、摂取には高い効果のあるものとなっています。魚類でも、サケや真アジ、マイワシ、ブリなどにも含まれいます。

 

コラーゲンの効果的な摂取方法としては、ビタミンCや、必須アミノ酸となるトリプトファンと一緒にとるこことでより高い効果が期待できることになりますが、この場合には、サプリメントと併用することでも問題はありません。
反面、高脂肪分を含む食物は老化の原因となってしまうことや、甘い物などに関しても、本来の弾力性が失われてしまうことになるために、同時に摂取をすることは避けることが大切になります。

 

このような頭皮の内側からの栄養も大事だし、外側のケアも重要になるのですが
やっぱり両面のケアが長期間必要な頭皮ケアは忘れることなく、使える育毛剤なども
選んでいくようにしていきましょう。