MENU

便秘の原因って「冷え」だったんですね

特別に体重が増えた(太った)わけでもないのに何だか下腹がポッコリする時ってありません?具体的にはどんな症状かっていうと、おへその周りの下側のあたりをお腹の脂肪のい層の奥にちょっと硬めの「しこり」が出る状態ですって。

 

まぁそんな具体的に症状を説明されても....って感じですよね^^;ただこんな「下腹ポッコリ」状態になった時は身体が冷えている証拠なんだそうですよ。もともと秋〜冬にかけて気温自体も低くて、さらに忘年会、送別会、新年なら新年会だとかイベント続きで胃腸に負担が掛るのに加えて忙しさもあってちゃんと「自分の身体をリセットする時間」が作れない事も原因なんだそうです。
そこで便秘になると血行不良を起こして、より胃腸が冷え気味に....
それがさらに便秘を悪化させる....これは内臓冷えという症状なのを知っていますか?

 

っていう「完全な悪循環」を陥りやすいんだそうです。気を付けたいですね。

 

内臓冷えとは

内臓冷えというのは、内臓が冷えることによって便秘や下痢が引き起こりやすい状態になっていることを言います。
さらに悪化していくと、膀胱炎などにもつながりやすいんです。

 

また、自分ではあまり認識していなくても、隠れ内臓冷えになっていることもあるんですよ。
お腹が冷たい、厚着をしていても体がなかなか温まらない、年中風邪をひきやすい、体が冷えて身体が動かなくなるといった特徴がある方は
もしかしたら内臓が冷えていることがその原因となっている可能性があります。

 

内臓が冷えることによって、交感神経の働きが弱くなって熱が集まってこない状態です。

 

内臓が冷えたらどうなるの?

内臓が冷えることによって血液が十分に回らなくなったり、腸内の動きも衰えて下痢や便秘、そして血流不足による免疫力の低下などが起きてしまいます。
また内臓の冷えによって消化機能も低下して、基礎代謝も落ちていきます。
基礎代謝が落ちると内臓脂肪もつきやすくなっていくので、やはり腸内環境を改善することはとても重要なことなんですね。

 

内臓が冷える要因としては、ストレスや疲労なども原因となるのですが、エアコンでの体の冷やしすぎや、冷たいものを食べたり飲んだりすることが多いのも
原因の一つとなってしまいます。

 

冷えを改善する為に

こういった冷えの対策は様々なものが存在します。なので、ここでは大きく分けて、冷えを改善する為の改善テクニックを提供していきます。

  • ゆっくりお風呂に入って全身の血行を改善する
  • エクササイズやマッサージで代謝アップ
  • 体内から代謝をあげて、冷えを改善
と、こういったものが対策としてあげることができます。

 

こうしてみると、体の冷えというのは代謝がかかわってくるのが、わかると思います。また、冷えがどうしようもないと、睡眠の質が落ちたり、代謝が改善されていないために太りやすい体になっていったりと悪い影響も出てきます。そういった影響の中に、便秘という悩みも生まれてくるんです。
人間はうまく作られていて、何以下一つだけが原因となっているわけではなく、バランスが大事になるということですね。