MENU

ゆっくり作るから腸内にもやさしいコールドプレスジュース

美容と健康を維持するために大切なのは、腸内環境を整えることです。
日々の食生活が乱れていて揚げ物やジャンクフードなど体にとってよくないものばかり食べていると、環境が悪化し悪玉菌が増えてきます。
便秘や下痢を繰り返したりおならのニオイがくさくなったりするほか、体を守る免疫力が低下するので風邪などをひきやすくもなります。
また、代謝能力が落ちてくることで太りやすい体質になり、肌荒れも深刻化してきてしまいます。
こういった状態を改善するために重要なのは、腸内環境を整えるために必要な酵素を積極的に補うことです。
酵素が含まれている野菜や果物などを食事に取り入れればいいだけですが、1つの問題として熱に弱いという特徴が挙げられます。
たとえば炒めるなど熱を加える調理法では必要な成分が失われてしまうので、酵素を摂取したいときは適さないのです。
こういったとき便利に利用できるのが、野菜や果物などの栄養をそのまま取り入れることができるスロージューサーです。
野菜などでジュースを作るといえば、高速で回転するミキサーなどが一般的ですが、実は野菜などを刻みながら液状にする際に高速で動くことで熱を発しています。
熱に弱い酵素は、この段階で耐えられずに壊れてしまっているわけです。
その点スロージューサーは低速にてゆっくりと回転しながら、材料を圧縮してジュースを作ります。
スロージューサーを使うと酵素はほとんど壊れることなく残った状態にてジュースに仕上がるので、栄養たっぷりのままを飲むことができます。
そのようにして摂取した酵素が体内に取り込まれると効果を最大限に発揮し、腸内の細菌の動きも活発化していきます。
便秘などを引き起こしていた悪玉菌が減少し、善玉菌が増加するといったバランスのよい状態を形成していくのです。
そんな腸内細菌のバランスが整うと、実はここで酵素が生成されるようになります。
体にとって必要不可欠な酵素を自ら作り、美容と健康のために貢献してくれるようになっています。

とはいえ、この理想的な状態は悪玉菌が優勢になると途端に崩れてしまい、生成する力も弱まってきます。
その理想的な環境にするために、新鮮な酵素をたっぷりと届けることが重要になるのです。
これを叶えてくれるスロージューサーは、自分の好きな野菜と果物でオリジナルジュースを作れるのも魅力です。
いくら栄養価が高いものでも毎日同じ味を飲み続けると飽きてしまうものですが、スロージューサーを使えば味に変化をつけられるので楽しみながら続けることができます。