MENU

食物繊維で腸内をきれいにしよう!

便秘に悩んでいる方はやはり食物繊維が鍵になると考えておられますよね。もちろんその通りで食物繊維は非常に大切で、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよくとることが便秘の解消に役立つと言われています。ここまでは多くの方がご存知だと思いますが、実際に、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが具体的にどのくらいだと最も理想的なバランスと言えるかというのはご存じない方も多いのではないでしょうか。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の理想的な摂取バランスというのは、不溶性食物繊維が10に対して水溶性食物繊維子という割合になります。つまり2対1の割合で不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をとるのが理想的なバランスになるということです。不溶性食物繊維の働きは町内に入り込むことによって、水分を吸収して便の傘を増やして、便秘を解消する働きがあります便の傘を増やすということがつまりより朝の蠕動運動を刺激して便秘を解消することにつながるということなんです。ただし、不溶性食物繊維にだけ食物繊維の摂取量が偏ってしまうと、先ほどご紹介した通り不溶性食物繊維には水分を吸収する働きがありますので、町内の水分バランスが乱れて便が硬くなり、逆に便秘の症状が悪化してしまうケースもあるんです。また水溶性食物繊維は、便を柔らかくして、鳥がもともと持っている自然な蠕動運動によって腸壁を滑るように直腸まで便が運ばれていくことを助ける役割があります。そうなると、お腹の中に溜まった未消化物に対して水溶性食物繊維が柔らかく消化しやすい状態に整えてくれて、なおかつそこに不溶性食物繊維がプラスされることで、便の傘が増えて便秘を解消することができるということです。ただし、先ほど不溶性食物繊維の取りすぎはあまり良くないとご紹介しましたが、それでも不溶性食物繊維の方が2対1の割合で多いということに対してちょっと疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。実は不溶性食物繊維の方が割合として多いのにはもう一つの理由があってそれは腸内細菌の餌になることで腸内環境を良いものに導いてくれるという働きがあるんです。これはオリゴ糖によって腸内細菌の善玉菌が活性化されて、腸内細菌が増殖。そして腸内環境が良くなると免疫力の向上や精神的なリラックス効果まで得られることがわかっています。この仕組みは免疫力の向上というのは腸内細菌で体全体の免疫細胞の家のおよそ7割が作られている事を考えれば自然と納得がいくと思いますが精神的なリラックス効果というのは実は神経伝達部室のセロトニンはお腹の中で作られているからなんです。これは腸内フローラとも関係があるのですが腸内フローラが良くなることによってセロトニンの分泌が活性化されてリラックス効果を得ることができるんです。セロトニンのリラックス効果というのは非常に絶大なものがあり、生理周期でピーエムエス症状に悩まされている方の生理前のイライラを緩和する働きも期待できるというものが話題になって注目されています。セロトニンは別名を「幸せホルモン」とも言われており、腸内環境を良くして、セロトニンがより積極的に分泌されやすい環境を整えてあげることでセロトニンの分泌が活性化。そしてセロトニンが大量に分泌されるとリラックス効果も上がると同時になおかつダイエット中にも満腹中枢に働きかけて満足感を得ることでダイエット効果にもつながると言われるほどの存在なんです。また、私たち現代は生活環境の中でやはりストレスを多かれ少なかれ書かれていますよね。個人差はありますがそのストレスたるやなかなかのものなんです。そのストレスによる緊張や血管を収縮させてリンパの流れや血液の流れ母阻害してしまうことがわかっており、これを解消することで、ストレスを普段から感じることなく落ち着いた精神状態で入ることができるということがわかっています。もともとは便秘解消のために取り始めた食物繊維ですが、その結果理想的な水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスまで注意を払って食物繊維をとることによって腸内環境を正常化して腸内フローラを良くすることによってセロトニンの分泌とストレスの軽減にまでつなげることができるんですね。