MENU

便秘と肌荒れの関係

男性より女性は年齢に問わず便秘になりやすく、ほとんどがその症状の差はあったとしても一度は悩んだことがあると思います。
これは便秘の原因が女性ホルモンの影響を受けるため、女性に起きやすいことのひとつが便秘ということなので、
その便秘によって引き起こる様々な症状もやはり、女性のほうが多いと言われています。

 

その便秘によって引き起こるもののひとつに肌荒れというものがあります。
このページでは便秘によって起こる肌荒れについて特集していきましょう。

 

便秘自体が原因となって起こる肌荒れと、便秘によって悪化する肌荒れとがあります。

 

便秘になると人間の体の中では善玉菌が減って悪玉菌が増えて、便も腸内でとどまってしまっている状態になっています。
悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化し、蠕動運動も抑えられている状態なので、便はなかなか排出されない悪循環が続いていってしまいます。

 

また便がたまり悪玉菌が増えてくると、有毒ガスであるアンモニアや硫化水素などが血管などに取り込まれ、全身に回っていってしまいます。
これらの有害なガスは、最初は肝臓などで代謝されるのですが、容量をこえてくると全身の毛穴からにおいなどとなって表れてしまいます。
その際に血液のめぐりを悪化させたり肌の新陳代謝も悪化させたりしてしまいます。

 

肌の代謝が悪くなると、シミやそばかす、紫外線の影響などを新しい肌を生んできれいにしていく働きすら抑制してしまいます。
古い角質はどんどん排出されなくなると肌荒れの原因となり、他人が見てわかるくらいまでの影響力を発揮してしまいます。

 

私たち女性はスキンケアや体のことを管理しているつもりでも、体の中の影響でケアしているはずの顔に肌荒れとして
便秘の影響を出してしまうと、その現認がわからずにより間違ったケアをしてしまう可能性すら出てくるんですね。

 

肌荒れの原因がすべて便秘のせいだとはならないのですが、肌荒れは生活習慣にとても密接しているので
体の中のケアも大事なスキンケアともいえるんです。

 

便秘で体の水分が足りなくなる?

便秘が起こっている現場である腸内環境は水分を調節する期間でもあります。
便秘状態や下痢状態を繰り返したりするのは腸内で正しく水分調整ができていなくて
便の中に水分が不足したり、水分を含みすぎたりするのが原因といわれています。

 

お肌も水分が足りなくなると様々な肌トラブルが引き起こり、逆に美肌のためには水分のうるおいは必要不可欠になります。
スキンケアのような肌の外側からのうるおい補給とは別に、体の中から補給される水分が不足すると肌のあれにもつながるんですね。

 

あなたの生活習慣は肌荒れに影響を与えていませんか?

 

便秘になると肌トラブルが起こる原因まとめ

便秘は体内だけの問題ではなく、私たち女性のお肌のトラブルに直接かかわってくるため
スキンケアだけではあなたの肌荒れなどを改善させることは難しいかもしれません。

 

先程も説明したように便秘になると皮膚から有害物質として毒素が出てきます。
本来お肌は代謝機能を持っていて、皮脂や汚れ、不要になった水分などを体外に排出する働きをします。

 

しかし、便秘によって血液に毒素がのり、毛穴から毒素を通常以上に排出しなければならない状態になると
お肌の代謝サイクルも乱れてくるんですね。
イメージとしては仕事で手いっぱいになると一つずつの仕事のクオリティーは下がり、
常に仕事をすることでストレスをかかえるようになります。

 

同じように肌ストレスとなり、ニキビや吹き出物などの肌荒れの要因になってしまうんですね。