MENU

便秘の時は整腸剤を使うの?

便秘の薬のひとつに、整腸剤があります。
これは、腸の調子を整える事で、便が出やすい状態を作っていくものです。
整腸剤の中でも多いのが、乳酸菌等、善玉菌を増やす働きがあるものです。
腸内には、善玉菌と悪玉菌、そしてそのどちらにも属さない日和見菌が存在します。
悪玉菌の割合が増えると、腸内環境が乱れ、便が体外に排泄されにくい状態になってしまいます。
整腸効果のある薬は、腸内の善玉菌を増やし、それにより腸内環境を整え、便秘が改善しやすい状態を作っていく事が出来ます。
ただ、この薬は、腸内環境を整える事で、良い状態に改善していくもので、便秘のように飲んですぐにしっかりとした効果を実感できるというものではありません。
ですから、効果が出るまで、しばらく服用を続ける必要があります。
ただ、下剤の場合は、効果が高くても、腸内の便を無理に外に排出していく形になり、腸や体に負担がかかる事があります。
更に、下剤によって排便を促す事が日常的になれば、薬を飲まなければ、上手く便を排泄しにくい状態になってしまう事があります。
それに対して、整腸作用のある薬の場合、腸の善玉菌を増やす事で、健康な腸を取り戻し、それにより排泄を促していく事になります。
ですから、腸や体への負担が少ない状態で、排泄をする事が可能になるだけでなく、腸や体を健康な状態に戻していく効果も期待する事が出来ます。
ただ、長く腸内に溜まっている便を排出したいと考えるのであれば、下剤の方が有効な時もあります。
便が溜まったままの状態が長く続くと、その便が腐敗し、有毒ガスを発生させる事になります。
すると、そのガスが腸壁から吸収され、血液と一緒に体中を駆け巡り、健康や美容に悪影響を与えてしまう事になります。
便が長く腸内に留まる程、悪影響が出やすくなってしまう為、長い期間、便秘の症状が続いているというのであれば、まずは下剤でその便を体外に排泄していく方が良いでしょう。

そしてその後、腸内の善玉菌を増やす等、腸内環境を整えていくようにする事がおすすめです。
下剤を飲めば、短時間で悩みが解消される事になりますが、何度も薬に頼ると、癖になってしまう可能性があります。
ですから、便が出ないと気がついた時点で整腸剤を飲み始める、ヨーグルトや食物繊維を積極的に摂取する等、出来る対策をしておく事がおすすめです。
整腸剤は、腸や体にとって良い影響を期待できる薬ですが、効果が出るまで少し時間がかかります。