MENU

イライラが便秘の原因となる事もある?

お腹が張り、トイレに入っても排便できずに悩んでいる方もいるでしょう。また、ストレスが溜まりイライラしてしまうこともありますが、その状況が続いてしまうと、これも便秘の原因の一つになってしまいます。
ストレスが溜まると、ホルモンバランスや自律神経に影響がでてしまいます。そのため、肌荒れや薄毛の原因につながることもあります。
ストレスは、その他にも胃や腸にも影響を及ぼします。ストレスにより腸の動きが緊張状態になり、硬直させてしまうことで、排便がスムーズに行われない場合があります。そのため、ストレスを感じやすい環境で過ごしている場合には、ストレスを解消するように心がける事が大切です。
気分転換をするために、旅行や、遊びに行くことで、ストレスを解消するのもいいでしょう。また、緊張状態から解放されるためには、自宅でゆっくりとリラックスすることも、ストレスを解消するには有効な手段です。日々、仕事に追われバタバタとあわただしく過ごしているならば、休息を取ることも重要なことです。休むことで、ストレスを溜めずに、また疲労を回復することにもつながるでしょう。
ストレスが溜まり、常にイライラしていて便秘だけでなく、体にとってさまざまな悪影響がでてしまうでしょう。そのような状態を回避するためにも、自分で工夫してストレスを解消する方法を見つけ出しましょう。
また、小さな子供や学生の場合で便秘になる場合に原因に、トイレを我慢してしまうことがあげられます。周囲の視線やからかいがトイレに行くことをためらい、便意を我慢させてしまうこともあります。その状況が続いてしまうことで、腸の動きをにぶらせ、排便がスムーズに行われず、腸内で便から水分が奪われることになります。便から水分が奪われてしまうと、便が固くなり、スムーズに排便が行われないこともあります。そうすることで、痔になる可能性もでてきてしまうため、余計に痛みなどに耐える必要がでてきてしまいます。
便秘対策としてトイレで排便をすることは、恥ずかしいことではなく、当たり前のことだという意識を持つことが大切です。また小さなお子さんがそのような傾向が見られる場合には、大人がうまく諭すことで、そのような勘違いや不安を取り除いてあげましょう。便意を感じ、それを無理に我慢することは、体にとってあまりいい傾向ではありません。無理に我慢してしまうことで、体調不良などを起こしてしまうこともあります。