MENU

便秘薬によっては使う時間に注意を

便秘を解消するために飲む便秘薬。みなさんはどういった時間に、またはどういったタイミングで飲んでいますか?
便秘薬には、飲む時間というものを考えたほうがいいものがあるんです!

 

便秘薬というものは、直接的に腸を刺激するタイプのものや、間接的に便秘を解消しやすくするものなど、
そして、その効き目も便秘薬によって様々なものがあります。

 

女性に多いと言われている便秘も、男性や高齢の方、赤ちゃんまで幅広く使われているので、
使う時間に適していないものがあるならば、そこはやはり知っておいたほうがいいと思います。

 

時間でいえば、便秘薬を使うのに向いていない時間というのは、朝と、仕事など集中力を要する事柄の前のタイミングなんです!
ただし、すべての便秘薬がそうというわけではなく、気を付けるべきは腸に直接働きかけて蠕動運動を活性化させるタイプの便秘薬が
朝や仕事前に飲まないほうがいいというタイプなんです。

 

便秘薬は薬なので、説明書きが書かれているのですが、すべてを読むことはしませんよね。読んだとしても私だったら忘れてしまいますw

 

なので、腸を刺激して蠕動運動を促すタイプの便秘薬はこの時間をさけて飲むようにしましょう。

 

どういった便秘薬かというと、
コーラックやスルーラック、ビューラックなどがそういった薬に当てはまります。

 

朝や仕事前に便秘薬を飲まないほうがいい理由

スルーラックやコーラックなどの腸を直接刺激するタイプの便秘薬は強制的に排泄を促すので、自分の出したいタイミングではない時間に
便意が来たりするんですね。

 

それが試験会場や大事な会議の最中だと最悪のタイミングになってしまいます。
職場だと、朝や午前中に会議がある企業が多いと思います。
朝飲んで、会議中に効果がでてきてトイレに・・・そうならないように便秘薬は種類と飲むタイミングの時間を注意して使いましょうね。

 

多くの便秘薬の説明書には、服用する時間について明確な記載はありません。
書かれているのは、使用上の注意点や服用する容量などです。多くの方はこの部分に関しては一度は目を通されるかと思います。
そのかわり、空腹時に服用するようにとは書かれています。

 

なぜ満腹時には便秘薬を服用しないほうがいいのでしょうか。

 

食後などの満腹時に便秘薬を避ける理由

便秘薬には他のページでも解説したように、何種類かのタイプが存在します。
それぞれ便秘という症状にアプローチする方法が異なっていたりするのですが、ほとんどが服用するには空腹のときにとすすめられています。

 

通常薬は、食後に服用するタイプが多くある一方で、便秘薬はその反対に空腹時に飲むように書かれているんですね。

 

その理由は便秘薬に含まれている成分が、食後などの満腹時には胃や腸に食べ物があり、便秘薬の効果がしっかりとでてきにくいということがあげられます。

 

食事や胃や腸にあるものによって、成分が薄まったり、他のものと混ざり合うことで効果が現れなかったり、
かえって副作用のような状態にもなりかねません。