MENU

便秘はなぜ女性に多いんだろうか?

便秘は女性に多く見られます。ほとんどの女性が便秘を経験しているくらいなんですね。ではなぜ女性に便秘は多く起こる傾向があるのでしょうか?

 

男性と違って女性は便秘になりやすい条件がそこにはあったんですね♪

体の構造上の理由

骨盤が広い

これは男性と女性の体の構造上の違いからですが、骨盤が広いと腸が下垂しやすく不安定で、腸管の形がいびつになりやすく、いびつになったところに便が溜まりやすいからです。体の構造の話しなので、解決する為と考えたらしょうがない部分もあるんですね。もともとが便秘になりやすい構造を女性はすでにもっているのです。

 

下半身に脂肪が溜まりやすい

 

女性は妊娠する為にも、筋肉が男性よりも少ない点をみても、下半身にとくに脂肪がたまりやすい構造になっています。下半身に脂肪が溜まると骨盤に血液が滞りがちになり、腸の働きが弱まるからです。

 

特定の女性ホルモンの分泌によって大腸の水分吸収が変化しやすい

女性は生理周期などで女性ホルモンの分泌が変化しやすい特徴をもっています。女性ホルモンの変化によって体に水分をため込みやすくなったりすることで、足がむくみやすいとかでてきます。それと同じように体の内部でも大腸の水分吸収量も変化するので、便秘と下痢を繰り返したりしやすいのです。

 

ダイエットや精神的な理由

日本人女性は、欧米人に比べると肥満確率が圧倒的に低いのですが、それでも女性はダイエットをする方がとても多く、
無理なダイエットで体調を崩す方も後を絶ちません。

 

そういった無理なダイエットは、食事の中でも食物繊維や水分が少なくなり、脂肪分も減っていくので、
腸内で蠕動運動などにも影響がでてくるんです。

 

また、女性の社会進出の進んできた現代ではストレスを抱える女性も増えています。
また職場などでは仕事中や仕事内容によってはトイレを我慢することにもなり、環境の変化などにも影響され
便秘になっている傾向もあるんです。