MENU

お腹のガスはどうして鳴るの?

学生生活や会社でも、お昼ご飯前になって、お腹がぐーーと鳴る経験は多くの方があると思います。
その一方でごろごろとか、空腹時でもないのにコポコポとか、変わった音も含めて誰もが一度はそういった想いをしていると思います。

 

すごく静かなタイミングだと、めちゃくちゃ恥ずかしい思いをすることになりますよね。
お腹が鳴らないように、お腹に力を入れたり、お腹を押さえるようにしたり、自分なりの工夫をしている方も多いと思います。

 

このページでは、なぜ大事なタイミングなどでお腹がグーと鳴るのかを見ていこうと思います。

 

お腹が鳴る原因

お腹が減っている状態ならともかく、空腹ではないのにお腹が鳴る時もあるんです。
お腹が鳴るという表現をするのですが、これらは内臓で起こっている現象が響いて聞こえるものなので、
お腹自体がなっているわけではないんですね。

 

お腹が減っている状態においては、体がエネルギーが少なくなるよと、胃の中のわずかに残っている栄養を吸収しようと
収縮運動を始めて、そこにある空気も一緒に腸へ送ろうとするために、その空気が内臓を振動させてあのような音を鳴らすんです。

 

お腹が減っていない場合は、同じような理由とともに、胃の中で消化されている食材からガスが発生して、そのガスや空気が振動させて
音を鳴らせるようにしているんです。

 

お腹が鳴る音の対策

空気は無意識にでも少量は誰もが胃に飲み込んでいます。
その空気は、お腹を鳴らす原因になるもののひとつになるのですが、それ以上にやっかいなのがガスの方なんです。

 

便秘の方などは腸内環境が乱れて、悪玉菌が多い環境になっているのですが、そういった環境の場合ガスの発生は増えていくので、
自分のお腹がよく鳴るなと感じる場合は、腸内環境が乱れてるのかもというのを疑って見てもいいかもしれません。

 

また空気の方は、早食いをする方や炭酸飲料が好きな方、事務作業やスマホをよくうつむいてみてしまう癖のある方は
空気を胃まで飲み込む習慣があると言われています。

 

そういった習慣がいつのまにか、静かなシーンで、ぐーーーとお腹を鳴る要因になっている可能性があるんですね。
その上で、ストレスがさらに悪化させるので、恥ずかしい思いをしたくないとか、自分だけ病気なんじゃないのかという疑いは
ストレスにつながりやすく、悪循環を生んでしまいます。

 

正しい知識で、正しい対処方法をしていきましょうね。

 

 

 

 

 

便秘の方の症状の中にはお腹が張ってつらいとか、おならがよく出るという方もおられます。