MENU

妊娠中の妊婦さんは便秘に悩むのが当たり前?

妊娠すると女性の体は多くの変化に驚く方も多いと思います。
すでに出産経験のある方ですら、慣れているという方はほんの少しだと思います。

 

そんな妊娠中の体の変化の一つに、妊婦さんの便秘というものがあります。
難しい体調管理やストレス、様々な要因がある特別な時期ともいえる妊娠中は、便秘ひとつとっても
大きな悩みにもなるので、その原因からどういった対策が有効なのかまでしっかり見ていきましょう。

 

妊娠している妊婦さんの便秘には3つの段階があると言われています。
妊娠初期、中期、後期の3つの段階なのですが、それぞれで妊婦さん自体の体も変化していっており、
その原因も対策も少しずつ変わるので、じっくり見ていってくださいね。

 

妊娠初期の便秘

妊娠初期というのは、初めての妊娠だと驚くことばかりだと思いますが、
つわりやいつも以上の睡魔などまだまだいつも通りの生活だと思っていたところに
体の、特に内部で目に見えない変化によって起こる変化など様々なものがあります。

 

妊娠初期の便秘の原因にはホルモンバランスの変化によって腸の働きも弱くなっていき、ストレスやつわりによる食生活の変化など便秘を加速する要因も多くあるんです。
そこに妊娠すると増えていく、女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンが睡眠を促す効果で、強い眠気も襲ってきます。
こういった理由が運動不足も誘発させ、より便秘もひどくなるという悪循環も起こるのが妊娠初期でもあるんです。

 

妊娠中期の便秘

妊娠中期になると女性ホルモンのプロゲステロンは徐々に減っていき、お腹の赤ちゃんもすくすくと成長して妊婦さんには安定期とも呼ばれる時期に入っていきます。
つわりなども収まってくるので、比較的妊娠中の中でも過ごしやすい時期ともいえます。

 

この時期というのは、妊娠していること自体を妊婦さんが自覚しているので、体を大事にするという意識が強く表れます。
これは妊婦さんには、当たり前の意識で、赤ちゃんを守るために必要なものでもあります。
しかし、体を大事にしすぎて、運動不足やストレス、お腹が徐々に大きくなることによる妊婦さんの負担などは
便秘を引き起こしてもおかしくない材料なんです。

 

妊娠後期の便秘

妊娠後期になると、出産間近になり、お腹の赤ちゃんも目立つくらい大きく成長していると思います。
この時期の妊婦さんの便秘は、運動不足や赤ちゃんが大きくなることによる腸の圧迫、赤ちゃんが成長することで
妊婦さんの栄養や水分が赤ちゃんのほうへ行き、妊婦さんの水分不足など、こういった便秘の原因が考えられます。

 

妊娠中の便秘対策

妊婦さんの便秘にはこのように、初期、中期、後期の3段階の原因があることがわかりました。

 

まずは、そのすべての時期に必要な便秘対策は無理をしないように体の代謝を向上させること。

 

そして妊娠中の便秘薬の使用は注意することが大事になるんです。
便秘対策として、この二つの注意点を守って行うことが大きなポイントになるんです。

 

妊娠中の運動は、お腹の赤ちゃんのことを考えて慎重に安全重視で行う必要があるのですが、
だからと言って運動をしないでおくと便秘になりやすくなります。
そこで、体の基礎代謝を上げて、老廃物の排出を促したりすることが対策として大事になるんです。

 

そして、妊娠中の便秘薬は妊娠中に安心して使えるものとそうでないものがあるために、選ぶことが必要になります。
妊娠中の妊婦さん、そして赤ちゃんに薬の悪影響が出てしまったら大変なことです。
流産や難産、赤ちゃんへの健康被害など、絶対にだしてはなりません。