MENU

便秘の状態には乳酸菌が必須?

便秘にはいろいろな原因がありますが、乳酸菌を取れば便秘は解消されることが多いです。

 

便秘になる人は腸内の環境が悪いことが多く、特に悪玉菌が増えています。
悪玉菌が増えると、腸の動きが悪くなって、便秘が起こるようになります。

 

さらに腸の動きが悪くなるのは人間の体に大きなマイナスになります。
老廃物が体の中に長くとどまることになるので、腸にダメージを与えます。
乳酸菌を取ると、善玉菌が腸内に増えるようになります。善玉菌は腸の動きを活発にするので、便秘は次第に解消されます。

 

乳酸菌が手軽に取れる代表的な食べ物はヨーグルトです。
ヨーグルトの中に含まれており、それが腸の中で有効に働いて、善玉菌を増やします。

 

ただし、ヨーグルトだったら必ず善玉菌を増やせるわけではありません。
体の中に入ったヨーグルトは胃の中を通過します。
胃の中には食べ物を溶かす胃酸があります。
胃酸はヨーグルトの中の乳酸菌を溶かすこともあり、
胃の中で溶けてしまったら腸まで届くことはありません。

 

耐性が強いものだったら、必ず腸に届きます。
ヨーグルトを買う時に、腸まで届くと明記してあるものを選ぶようにしましょう。

 

ヨーグルトの他にも腸の環境を良くする食べ物はいくつかあります。
その代表例はゴボウなどの野菜に含まれている食物繊維です。
食物繊維は善玉菌の餌になります。餌になるので、食物繊維を取ると
善玉菌が増えて、腸の調子が良くなります。また食物繊維は腸の動きを活発にします。

 

活発することによって、腸の中に溜まった便を外に押し出します。
便秘がひどい場合は、食物繊維が多く含まれた食品を毎食ごとに取るようにしましょう。

 

腸の状態を良いものにして、便秘を解消する食べ物はまだあります。
代表的な日本食の一つである納豆も便秘を改善します。
納豆に含まれている納豆菌が乳酸菌と似た働きをするためです。
納豆菌には大きな強みが一つあります。それは胃の中を溶かされないで通過することです。
言い換えれば、そのままの状態で腸に届きます。

 

その力によって便秘の改善に有効に働きます。
ヨーグルトやゴボウなどの野菜、納豆を毎日食べるようにすれば、
便秘は必ず解消されます。その時に大切なことは、できるだけ規則正しく食事を取ることです。
規則正しい食事をしていれば、腸の動きが自然になります。仕事などのせいで食事の時間が遅くなることもありますが、そんな時でもできるだけ食事の時間は守るようにしましょう。