MENU

便秘茶は安全って言われているけど副作用は?

便秘茶というのは、便秘に悩む方にとっては副作用もないし、安全性も高いというイメージが強かったりもします。
はたしてそういったイメージは本当なんでしょうか。

 

便秘薬にしても便秘茶にしても過剰に飲むとお腹をくだして、下痢になりやすかったりもします。
もともと胃腸が弱い方や、病気を起こしていた方、妊娠中や授乳中のママさんも安全な便秘解消を望んでいます。

 

もちろん便秘はその深刻さが個人差の多い、難しい問題でもあります。
だからこそ、薬ではなく、副作用のない解消方法を求めてほしいものです。

 

では、副作用と考えられるものを考えていきます。

 

便秘茶に多く使われている成分の中には、摂取しすぎるとお腹を下したり、体調を悪くしたりする可能性のものもあります。
個人差があるだけに誰にも起こるものではなく、副作用として現れる方と、そうでない方とがおられます。

 

便秘茶の種類のページでも特集しましたが、副作用が出やすいタイプのお茶は腸を刺激する種類のものが主になります。

 

センナやキャンドルブッシュなどの成分は、たまった便を排出するという効果は優れているのですが、優れている分
下剤としても働いてしまうんです。

 

これらの成分は市販の便秘薬にも使われているので、用法や用量を守らないと下痢になったりさらなる便秘を引き起こしてしまっては
意味がありません。

 

そして食物繊維が多く含まれている種類の便秘茶も、胃腸が弱い方や、病気で腸内環境が弱っている状態では、
食欲不振や胃もたれなどの副作用も考えられます。

 

どうしても便秘茶というのは、お茶のイメージが強く、食事中やのどが渇いたときに手軽にどんどん飲んでしまいます。
気が付いたときには飲みすぎていたという状況になりやすいし、ほかの薬との併用や、食事の中で一緒に摂取することによっての副作用なども
考えていくと、便秘茶はなにかと一緒に飲むのではなく、決められた容量を便秘茶だけで飲むことが重要になるんです。