MENU

妊娠中や授乳中にいいとされる便秘茶

妊娠中や授乳期のママさんは、ホルモンの影響でとても便秘になりやすいと言われています。

 

ただでさえ女性は男性よりも便秘になりやすく、その上、こういった女性ホルモンの乱れなどによってはさらに便秘になりやすいという時期が出てくるんですね。

 

こういったタイミングでよく言われるのが、妊娠中や授乳期間の重要なタイミングでは、体への影響が心配されるので、
便秘薬などはなるべく使いたくないということ。
その上での便秘解消には、便秘茶と言われるお茶で便秘を解消しようとするということがいいと言われているんですね。

 

たしかに、便秘薬の副作用などはしっかりと考えなくてはいけないデリケートな時期です。
流産のリスクや、まだ小さい赤ちゃんが下痢を起こすことも考えないといけないことです。

 

では、そんな妊娠中や授乳中のママさんは、ほんとうに便秘茶を飲んでも大丈夫なんでしょうか。

 

妊娠中の便秘茶について

まずは妊娠中の妊婦さんに便秘茶のことを考えてみましょう。

 

便秘茶というのは、基本的に自然界の葉っぱを使ってのお茶なんです。
ただし、妊娠中は使ってはいけないお茶もあります。

 

妊娠中に便秘になるとお医者さんでも大腸を刺激するような薬も出してくれます。
注意するのは、便秘の状態は大腸に原因が多くあるのですが、そのすぐ真横に子宮があるんです。
なので、あまり過剰に大腸を刺激することは、子宮にも影響を与えてしまうために、先ほど言ったようなリスクを考えなくてはなりません。

 

だからこそ、自然界にある植物から作られているといっても、大腸を刺激するような効果のある便秘茶は、その濃度を濃くしないで、薄めに入れることも
考えていきましょう。

 

また便秘茶でも、大腸を刺激しないような便秘茶もあります。

 

妊娠中の妊婦さんに人気なのは、ハーブ系の便秘茶や、食物繊維がメインのお茶は、服用しても問題はないとされています。

 

妊娠中に気をつけたい便秘薬の成分センナ

妊娠中は体質の変化によって便秘になりやすいのですが、便秘薬の副作用を考えると便秘茶やハーブティーで
お通じを良くしようと考える方も多く、その分注意したい便秘薬によく使われる成分についてみていきたいと思います。

 

センナという植物は便秘薬や便秘茶、便秘解消をうたい文句にするハーブティーにもよく使われる素材で
成分的にはセンノシドという名前で知られています。
このセンノシドという成分は妊娠中には絶対に使ったり摂取してはいけない妊娠禁忌薬として医療機関や国からも指定されているんです!

妊娠禁忌薬というのは、妊婦さんから授乳中の産後のママさんが摂取する安全性がしっかりと確立されていなくて

危険な可能性が除去できず、どうしようもない場合を除いて投薬や摂取が禁止されている薬を言います。

 

なので産婦人科や医療機関では妊娠中のセンナはお茶としても摂取を控えるように呼びかけられているんです。
服用した場合は子宮が伸縮して流産や早産のリスクが高まったりするといわれています。

 

また、センナ茶などの健康食品にはアントラキノン誘導体といわれている成分も配合されることが多く
このアントラキノン誘導体も危ないといわれているので合わせて注意したい成分なんです。

 

授乳中の便秘茶について

次に授乳中のママの便秘を解消するための便秘茶について考えてみましょう。
授乳期間というのは、ママの便秘解消と、その効果がおっぱいの栄養に対しての両方を考えなくてはなりません。

 

便秘茶に限らず、授乳時のママが食べ物や飲み物から摂取した成分や栄養が、赤ちゃんが飲むおっぱいに影響を与える確率は、約2%〜4%と言われています。
この数字を大きいと感じるのか、小さいと感じるのかは個人差があるでしょうが、赤ちゃんは体の様々な機関が未成熟であったりするので、
その影響は大きいんです。

 

便秘茶もそういった意味では同じ意味で、ママの便秘を解消できて、赤ちゃんにも影響のないものをしっかりと選ぶことが必要になるんですね。
カフェインやタンニンの成分が入っているような即効性のある便秘に効果があるようなものは避けるようにしてください。

 

あとは基本的に便秘茶は授乳期間であっても大丈夫だと言われています。

 

授乳中にも気をつけたい便秘薬の成分センナ

妊娠中にもセンナの成分であるセンノシドは注意したいと先ほど説明したのですが、
産後の授乳期においても避けることが推奨されています。

 

授乳期は産後のママが摂取した栄養が母乳に含まれて生まれてきた赤ちゃんに届くことが多いので
ママの便秘に一役買うつもりの便秘茶やハーブティーが赤ちゃんへ悪影響につながるケースがあります。

 

赤ちゃんにはセンナのセンノシドやアントラキノン誘導体が母乳を通して下痢へとつながるケースが多く報告されているんです。
センナは妊娠中だけではなく産後も注意してもらいたい成分なんですね!

 

妊娠中・授乳中の便秘について

妊娠中、授乳中の便秘茶について考えてみましたが、ここで中には、基本的に便秘茶は避けたほうがいいかなと感じる方が
おられるかもしれないので、補足としてこの妊娠中と授乳中の便秘についてもう一度考えてみます。

 

これらの時期には便秘になりやすく、その上で体への影響や赤ちゃんへのリスクなど様々なことを考えなくてはなりません。

 

だからこそ、便秘が体への与える影響を考えると、便秘は解消するほうが絶対にいいんです。
もちろん個人個人で解消方法でも相性があると思います。

 

その上で便秘茶がいいという方は、ぜひ便秘茶で便秘を解消するほうが、便秘が与える悪影響よりもいいんです。

 

 

 

 

妊娠中の便秘解消に関してですが、最近は少し考え方が変わってきており、便秘の害の方が上回る場合には積極的に便秘薬を服用するとい風潮が強くなってきています。

 

なので、便秘茶なども腸への刺激が懸念されるケースもありますが、便秘がある場合にはその害の方が体にとっては害となるので、ケースによっては積極的に摂取して改善した方がいいと思われます。

 

便秘茶の多くは食物繊維を含有していて、腸内環境改善に役立ち、その腸内環境の改善が毒性物質の排泄、ビタミンなどの生成、栄養の吸収などを良好にさせるという効果があります。このように効果としては便秘だけではなく、様々な健康効果を生みますので是非積極的に摂取したいものの一つです。