MENU

オリゴ糖について

オリゴ糖はテレビCM等でも知っている方は多いと思うのですが、それでも糖質の一種であるとか、そのくらいしかわからないよという方は
とても多いと思います。

 

名前だけはよく聞くけれど実際のところ、オリゴ糖がどういった働きをするのか、ほかの糖とどう違うのかなどを特集していこうと思います。

 

オリゴ糖というのは、よく聞くブドウ糖や果糖などの糖類の仲間で、その中でも単糖類という種類に分類します。
単糖類というのは組み合わせてどんどん種類がふえていくので、一言でオリゴ糖といっても様々な効果や働きがあるんですね。

 

たくさんあるので、まずはビフィズス菌に対しての効果がある代表的なオリゴ糖について説明していきます。

 

便秘に対して効果のあるオリゴ糖というのはビフィズス菌を増やす効果を持っています。

 

腸内に届くオリゴ糖はビフィズス菌のえさになってビフィズス菌を増殖させるんです。
もちろん、腸内に届かずに消化されるオリゴ糖もあります。

 

このビフィズス菌という細菌は善玉菌の一種と言われ、人間の体の健康状態をいい状態へと働きかけてくれるんです。

 

では、大量にオリゴ糖を増やせばいいのかということになると、少し違ってくるんですね。
ビフィズス菌の数が少ない状況で大量のエサであるオリゴ糖を摂取しても意味が無くなってしまうんです。

 

だから、チーズやヨーグルトなどの発酵食品を一緒に摂取することで、発酵食品に含まれている善玉菌が、ビフィズス菌の働きを効率的にしてくれるんです!

 

ただし、オリゴ糖は腸内に届くものと、それまでに消化されて私たちのエネルギー源になっているんです。
一般的に販売されているオリゴ糖の中には、そういった消化されてしまうオリゴ糖がほとんどだといったものまであるんですよ。

 

食品に添加されているオリゴ糖はそういったものが多いと言われていますが、もちろんそうではないものもあります。

 

では、どういったオリゴ糖がしっかりと腸内まで届いてくれて、ビフィズス菌のエサとして機能するものなのでしょうか。

 

 

難消化性のフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖というオリゴ糖といわれるものは、消化されにくく、ビフィズス菌のえさとなりやすいものだといわれています。
便秘に効果のあるといわれているオリゴ糖なのですが、こういったポイントを押さえてみていく必要があるんですね。