MENU

ただの便秘が実はPMSだった?

PMSというのは、月経前症候群という名前で呼ばれたりする女性特有の症状を言います。
実際にはPMSで悩んでいる女性も多くおられるのですが、それ以上に自分がPMSだと認識していなくて
実はPMSの症状を発症している方もとても多くおられるものでもあるんです。

 

そんなPMSの中には女性に多い便秘と密接にかかわっており、ただの便秘ではなくPMSの症状のひとつの
便秘というものもあることを知る必要もあります。

 

まずは軽くPMSというのはどういったものなのかを見ていきましょう。

 

PMSとは

PMSと聞くと難しいイメージがあるかもしれませんよね。
自分はPMSとは無縁だと思っている方も多いと思います。

 

PMSというのは月経前症候群といわれている女性の心や体の症状を言います。
なぜPMSという症状がなかなかみなさんに知られていないかというと、PMSという症状は
実は200以上もの種類があり、これらが複合したり、単発だったり、ほかの要因も関わってきたりと
様々な状態があるために、ずばりPMSですという機会も少ないというのが実情なのです。

 

また体に現れる症状だけではなく精神的なイライラなども症状として表れるので
病院に行かない方も多く、自分自身がPMSだと認識している方が少ないのも特徴の一つになります。

 

そんなに種類のある症状の中からこのページでは便秘について取り上げてみようと思います。

 

PMSの症状としての便秘

PMSの症状としての便秘というのは、生理前に便秘に悩んでいる方も多いかと思いますが、
実はこの生理前の便秘というのがPMSの症状の一つだといわれているんです!

 

原因はPMSによるものなのですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

  • 体内の水分バランスの変化
  • 腸の動きが抑制されてしまう
  • 自律神経の乱れ
  • 子宮が腸を圧迫

これらが原因となって便秘を引き起こしてしまうんです。