MENU

産後の状態に合わせての便秘対策が重要

妊娠中に便秘で悩む方も多いのですが、産後も便秘になってしまう方が多くいます。
産後になぜ便秘になりやすいのでしょうか。

 

産後に便秘になりやすい理由

妊娠中には女性ホルモンの乱れやお腹の中の赤ちゃんへの栄養を送るため
妊婦さんの栄養吸収が減ったり、免疫機能が低下したりすることで便秘が起こりやすいことを
別のページでは説明しました。

 

では産後ではどうでしょうか。
産後というのは妊娠中の便秘が収まって、便秘とは無縁のように感じるかもしれませんが
産後しばらくして授乳期がはじまります。

 

この授乳期になると再び便秘になりやすくなるというのはご存知でしょうか。
理由は母乳です。
母乳というのはママの血液と水分で作られています。
1日に作られる母乳の量というのは600〜800ミリリットルが作られるといわれているのですが
そのため産後のママの体には水分が通常以上不足してしまう状態になっているんです。

 

出産してすぐの場合、腫れていたり裂けてしまったり、会陰切開で縫っている場合や、肛門などに傷がついている場合など、うまく便を出すことができなくて便秘になってしまう事があります。いきむことが怖いという気持ちがある方も多いようです。
赤ちゃんがいる生活になるので、生活に大きな変化が出ます。
なれない育児や寝不足、疲れ、ストレスなどで自律神経が乱れてしまったりトイレに行きたいと思った時に行けなかったりという事で便意を感じにくくなってしまったりという事もあります。
赤ちゃんが寝ているだけの状態の間は、お母さんは運動不足になりやすいのです。
赤ちゃんを連れて外を散歩できるようになったり、赤ちゃんが動き出せば自然とお母さんも動きますが家の中からほとんど出ない状態の時には運動不足になってしまい、便秘の原因の一つになります。
母乳をあげることで水分が不足してしまいます。
母乳をあげるという事は、考えている以上に水分が不足します。
水分が不足してしまうと便が固くなってしまい出にくい状態になってしまうのです。
水分と言っても利尿作用があるコーヒーや紅茶ではなく白湯や麦茶などを飲むようにしましょう。
水分を多めにとることがとても大切です。
意識をして水分をとるようにしましょう。
家族に協力をしてもらい、ゆっくり休む時間を作るようにしましょう。
難しいこともあるとは思いますが、疲れをためすぎたり寝不足が続きすぎないようにしましょう。
可能な時には、赤ちゃんを家族に見てもらいトイレにゆっくり入る時間を作りましょう。
赤ちゃんの世話で忙しく、自分の食生活がおろそかにならないようにしましょう。
ゆっくり噛んで食べることや、便秘に効果のある食事を心がけましょう。しかし便秘だからと食物繊維だけを食べるという偏った食事のとり方はやめましょう。

母乳の事も考えて、バランスのとれたメニューを食べるようにしましょう。
無理はせずに、産後の状態に合わせて空いた時間にストレッチなど、軽い運動をしましょう。
便秘はひどくならなってしまう前に産婦人科の先生に相談しましょう。
母乳をあげている間は薬は産婦人科でもらったもの以外は飲まないようにしましょう。
便秘の相談なんて恥ずかしいと思わず、相談してみてください。
産後に悩んでいるお母さんは多いのですから。