MENU

生理前に便秘になったら薬に頼る?

生理前になると、硬い便や便秘に悩まされる女性は少なくありません。
これは生理後から排卵までに分泌がさかんになる卵胞ホルモンと排卵後から生理前にかけて分泌される黄体ホルモンがあり、このうち排卵後に分泌が増える黄体ホルモンが生理前に便秘に関わっています。
排便には、腸のぜんどう運動によって促進されますが、黄体ホルモンの受容体には、ぜんどう運動を抑制する働きがあるため、便が移動するスピードが遅くなり、便秘になったり、硬い便になってしまいます。
黄体ホルモンの分泌を自然に抑えることができませんから、便秘薬やオリゴ糖、サプリメントを使用して解消していくことが必要です。
便秘薬にもいろいろありますが、センナや大黄、アロエなどの刺激性成分を含んだ刺激性下剤がもっとも多くしようされています。
刺激性下剤は、腸を刺激することでぜんどう運動を促進し、排便へと導きます。
そのほかには、酸化マグネシウムなどを含んだ塩類下剤などもあり、腹痛などの副作用も少なく、広くしようされています。
また浣腸は、即効性の高い便秘薬で、グリセリンなどの液体を、肛門から直接注入することで、便の滑りをよくし、腸を刺激してぜんどう運動を促す効果があります。
ただ、注意しないといけないことは、長い期間便秘薬を使用し続けると、腸が刺激になれてしまい、薬なしでは排便ができなくなる可能性も出てきます。そのため、できるだけ自力で排便する力を付けることが大切です。

 

オリゴ糖は、甘味料としても使われていますが、便の滑りをよくし、善玉筋を増やす役割もあります。
これはオリゴ糖が分解・吸収されずに大腸まで届き、便の水分を保持する効果があるためで、便秘によって硬くなった便を柔らかくし、排便しやすくする働きがあります。
また腸内環境の改善にもつながり、硬い便に悩まされることも少なくなります。
オリゴ糖の摂取による解消法は、下剤や浣腸を使った方法よりも健康的で、長い目でみたときに腸内環境を改善できますから、メリットがある方法といえます。

 

腸内の善玉菌を増やすサプリメントを服用することで、硬い便を解消することもできますし、慢性的な便秘や下痢などによる菌交代症によって、腸内の善玉菌が壊滅的な状態になっている場合には、オリゴ糖を摂取しても効果はありませんから、ビフィズス菌や乳酸菌などの腸内善玉菌をサプリメントから取り入れるのが効果的です。
このほかにも、日頃から食物繊維の摂取や生活習慣にも気をつけ、適度な運動も行うことが大切です。