MENU

タケダ漢方便秘薬の副作用

どんな薬であっても、効き目が強いほど副作用も強いといわれていますが、便秘薬も薬である以上例外ではありません。
タケダ漢方便秘薬の副作用については、武田製薬のホームページの中でも「下痢」になる場合があることが明記されています。

 

便秘を解消しようとする方が便秘薬に求めるものは、優しさなのか、それとも緊急性が高いので副作用があっても構わないなど、個人差がありますよね。
服用していて下痢などの症状がいつまでも続いたり、またひどくなった場合は、服用は中止して、医師や薬剤師に相談したほうがよいでしょう。

 

また初めての便秘薬とかだったら、自分にはどんな効果があって、どんな副作用があるのかわからなかったりもします。初めての使用では少量から服用するようにしたほうが得策かもしれませんね。中には強い腹痛を感じることもあるようです。

 

武田漢方便秘薬は便秘薬の中でも刺激をおこしてあげることで、腸の中にたまった便を排出させるので、容量を超えて服用したり、
他の薬と併用することによって、下痢になってしまうという副作用も起こる可能性があります。

 

また使うのもその便秘具合にもよるかもしれませんが、毎日の服用は避ける必要があります。もちろん個人差や、便秘の症状にもよりますが。
常に服用していると薬の効果や刺激に体が慣れてしまい効かなくなってくるからです。人間の体には習慣しようと働くものがあるので、ずっと便秘薬を服用すると慣れてしまいます。
そうなったら服用量をどんどん増やしていかなければならなくなり、最大服用量を超えてしまうことさえあります。

 

なので、できるだけ服用間隔はあけて、生活改善をすることで自力で排便できるよう努力しましょう。
また、妊娠中の方や授乳中の方など、気を付けたほうがいいこともあるので、買う前にしっかり確認してからにしてくださいね。