MENU

なるべく水を飲もう

自分では十分と思っていても便秘の原因となるのが、水分不足。
珈琲やお酒、お茶やジュースなど生活の中で飲んでいる水分は、体の中で不足すると便秘にもなりやすく、
逆に水分が多すぎると下痢になったりもするので水というのは人間の体に必要不可欠であり、しっかり意識することが
便秘の解消にもつながるんですよ。

 

あなたの生活には水分が足りていますか?

 

1日の必要水分量

生活に必要な1日の水分摂取量は、1.5リットルから2リットルが必要なんだそうですよ。
もちろんこの水分量というのは、一度に摂取しなければならない量ではなく、朝から晩までトータルで摂取する量なんです。

 

ここでコーヒーなどにはカフェインが含まれているために、体への利尿作用が働き、水分を十分に摂取していると思っていても
カフェインの影響でかえって排出している可能性がでてくるので注意が必要になります。
珈琲が大好きで、日常の中でよく飲む方は注意してくださいね。

 

便秘に効果があると思って食物繊維など努力して摂取しても、水分が十分にないと食物繊維が腸内にとどまって、便が固くなって排出しにくくなったり、
おならの原因になったりすることも考えられます。

 

1日のうちこまめに水分を十分にとることがとても重要なことなんですよ。

 

朝の起きてすぐの水分摂取がポイント

便秘に悩んでいる方の場合、水分を摂取することが大事なことだということはわかったと思うのですが、
その効率的な飲み方として、朝置きたてのタイミングでの水分摂取をおすすめしています。

 

人間の体はとても便利に作られており、これから1日の生活を始めようと体もいろいろな機能を活動モードへと変えていくんです。
眠っている状態から起きると、内臓も休息している状態から、水を飲むことでその刺激で内臓が働かなきゃという指令が脳からでるんです。

 

ただし、冷たい水だと、体がびっくりしてしまう可能性がでるので、白湯とかがおすすめですよ。

 

どんな水分でもいいの?

珈琲や緑茶などのカフェインが含まれているものは注意が必要ですが、水であればどんなものでもいいのでしょうか。

 

ジュースや牛乳など、どんなものでも水分は含まれているし、料理なども水分は含まれています。
しかし、便秘解消が目的になる場合、水と言ってもミネラルウオーターがおすすめですよ。

 

ミネラルが豊富に含まれていますし、マグネシウムなど便秘解消に役に立つ栄養素が含まれているので、
同じ水分量を摂取するにも、いい影響の効果が期待できます。

 

少し詳しくなるかもしれませんが、水といっても硬水と軟水というものに分かれていきます。