MENU

水分が不足すると便秘が加速?

便秘の原因はさまざまですが、水分不足もその一つといえます。
人体の約80パーセントは水分でできているほど、人が生きていく上で重要な存在です。
口から入った食べ物の水分は、80パーセントが小腸で吸収され、残りの20パーセントは大腸で吸収されます。そのため、多く摂取すると便にも水分が多くなるため、スムーズに排便されますが、量が少なくなると便が硬くなってしまいます。
便がスムーズに排出されるためには、たまった便が腸壁を刺激してぜんどう運動を起こす必要がありますが、便が少ないとぜんどう運動が起こりにくく、さらにダイエットなどで食事量が減ることで便秘になってしまいます。

 

お茶やコーヒーなどをよく飲んでいるから大丈夫と思っている人も少なくありませんが、緑茶やコーヒーには利尿作用があり、撮った水分はほとんど尿として排出されてしまうため、腸へはいかずに膀胱へと運ばれてしまいます。
そのため、お茶やコーヒー、アルコールをたくさん摂取しても、便秘の解消にはあまり効果がありません。
一番良いのは、水で、軟水よりも硬水の方が便秘解消に効果的とされています。
また無糖の炭酸水や炭酸が腸壁を刺激してぜんどう運動を促進するため、効果があります。
効果的な水の飲み方は、1日かけて1.5リットルの水を飲むことです。そのとき一度に飲む必要はなく、1日かけて飲むとよいでしょう。
特に、人間は寝ている間にたくさんの汗をかきますから、朝白湯を飲むのが効果的です。
白湯は体を内部から温めますから、消化器官がより活発に動きだし、便秘を解消しやすくします。
そのほかにも、こんにゃくや海藻などの水溶性食物繊維は、便を包み込んで滑りをよくしてくれますし、オリゴ糖などと一緒に摂るとことで、便秘を解消していきます。
また運動しながら水を飲むのも効果があります。
特に腹筋を鍛えることで、腸が持ち上がり便をスムーズに送り出すことができまし、運動をすることで汗をかきのども渇くため、水をおいしく感じることができるため、たくさんの水を摂取するには、運動は効果的です。また腹筋をするのが難しいという場合には、つま先立ちすることでも、腸の運動が活発になり、血行もよくなりますから、おすすめです。
冷たい水を多量に飲むと、内臓が冷えて腸の働きが低下するため、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。
内臓を温めることで、腸のぜんどう運動の働きも活発になりますから、温かい白湯を飲むことをおすすめします。

 

便秘の原因の中では水分不足というものが一番シンプルなものなのですが人間の体のほとんどが水分でできていることからもわかるように水というものはとても大事なものになっています だからこそ消化から排泄するまでの流れの中で水が足りなくなる体の状況をというのは 便秘になりやすい条件の1つともなってしまうんですさらにこの水分不足にはダイエットのための影響やむくみ水太りに対する不安気づかないだとかものが乾かないから水を飲まないなどの原因があるので最低でも 失った分の水分は補給するようにしなければいけないということです。
ただでさえ体に水分が不足している状態の中で大腸で更に食べ物から 水分が吸収されることによって便はとても硬くなっていき腸の中で滞って流れにくくなってしまうんです その排便をスムーズにするためには便を柔らかく保つ こまめに水分補給は必要になります また単純に朝起きて ぬるめの水を飲むというのも腸の蠕動運動を刺激させるために 便秘で悩んでいる方は行ってみた方が良い方法の一つになります食物繊維や善玉菌などの基本的なことの前に自分の体に水分が足りているのかまずそこを確認していくのも便秘対策の有効な手段の一つと言えるでしょう。