MENU

おならの臭さに向き合おう

便意がない、また数日にわたって排便がないなど、便秘に関連した悩みを抱える方はたいへん多いことでしょう。

 

一言で便秘と言っても、それは体調不良や肥満、
さらには肌荒れといった問題にも発展するため、
是非とも早めになおかつ効果的に解消したいものです。

 

しかし、便秘が原因となって生じる体の不具合はこうしたものだけではありません。

 

実は、おならが臭くなってしまうということにも、便秘が大きくかかわっていると言われているのです。

 

便秘が原因でおならが臭くなる理由の一つとして、直腸に便が詰まってしまうということが考えられます。
便そのものには臭いがありますが、その臭いが一緒になって出てくるために、臭くなってしまうというわけです。
また、便秘が続くと腸の中の善玉菌はどんどん減少してしまいます。
そして、便秘で腸内に便が長くとどまっていればいるほど、それは腸内で腐敗していきます。

 

それに伴って、どんどん悪玉菌が増加していくのです。

 

腸内に悪玉菌が増加してくると、スカトールやインドールと呼ばれている臭いの成分が作り出されていきます。
これらは悪臭のもと、とも言われており、この成分のせいでおならが臭くなってしまうと言われています。
さらに、便秘に悩む方々の中には、日頃から肉中心の食事をしているという方が
おられることでしょう。
そのような人の場合も、臭くなりやすいと言われています。

 

基本的に言って、肉などのたんぱく質が分解される時には臭いが発生します。
それに対して、野菜にはそれらの臭いを消す働きがあるため、
野菜などをしっかり食べている人は、その臭いがだんだんなくなっていきます。

 

こうした理由で、普段から野菜ではなく肉ばかり食べているという人は、
十分の注意が必要でしょう。

 

そして、厄介なこの臭いは決しておならだけにとどまりません。口臭や体臭の原因ともなってしまうのです。

 

便秘が原因でおならが臭くなっている場合、どのような対策が効果的なのでしょうか。

 

一つの対策は白湯を飲むことです。

熱い白湯を飲むと、腸内に溜まったガスが溶かされ吸収されて洗い流されるため、
臭いを消すことができると言われています。
また、少しの間肉類を控え、野菜を食べるようにしましょう。
さらには、腸内の善玉菌を増やすことが必要です。

 

そのためには、毎日の食事にヨーグルトなどを加えて、
オリゴ糖や乳酸菌を積極的に摂取することができるでしょう。
このようにして便秘を解消することによって気になる臭いも改善しましょう。