MENU

善玉菌ってどういったものか知ってます?

便秘になったから善玉菌を摂取しよう。
善玉菌がこの商品には入っているからいい商品だ。

 

みなさん、善玉菌ってちゃんとわかっていますか?
私自身、便秘に悩まされてきたのに、乳酸菌や善玉菌はいいものくらいの知識しか以前はありませんでした。

 

いまさら、こういったことを誰かに聞くのも恥ずかしいし、とりあえず、いいものでなるべく摂取しておけばいいや、なんて考えがあったんです。
しかし、友人たちに話を聞くと同じように、働きや善玉菌を増やす方法など知らない方がほとんど。

 

だけど、善玉菌は便秘に悩んでいる方にはぜひ詳しく知ってほしいものの一つなので、このページではいまさら聞けないようなことまで
善玉菌について特集したいと思います。

 

善玉菌ってどういったもの?

腸内にいて、人間の体にとっていい働きをするものを善玉菌と言います。
反対に、害を及ぼすものを悪玉菌と言います。
もちろん、これだけに説明を終えていると、じゃあ悪玉菌をなくせばいいじゃんって思うかもしれませんが、悪玉菌はすべての人間の体にいて、
便秘などの悪影響があるのは、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れた時なんです。

 

また、善玉菌は腸内でいい働きをする菌類の総称で呼ばれているもので、善玉菌の例としては乳酸菌などがあるんです。それ以外に知られているのが、
ビフィズス菌などです。
よく便秘になると乳酸菌と善玉菌をとるようにって考える方が多いんですが、これは同じものを繰り返していっているんですね。

 

善玉菌の働き

腸の中で増えていく善玉菌は免疫力も高めてくれる効果があります。
腸内の免疫力が低下すると便秘、下痢やアレルギー、風邪や感染症を予防したりと多くのいい働きをしてくれます。

 

善玉菌を増やす方法は?

乳酸菌などの善玉菌は増やすことができます。

 

善玉菌を増やす方法は、オリゴ糖などを栄養源として与えればいいんです。
オリゴ糖と言っても実は、種類はいろいろあって、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖など最近では特保の健康機能ヨーグルトが多く開発される中で
このようにたくさんの種類のオリゴ糖が発見されています。

 

便秘に効果のある善玉菌、これで多くの知識がついてきたと思います。