MENU

便秘に牛乳がいいという理由

慢性にしろ、一時的にしろ、女性は男性に比べると便秘になりやすく、そのつらさも相当のものがあります。
便秘になると解消のために牛乳を飲むといいという話を一度は聞いたことがありませんか?

 

また経験として牛乳を飲むとおなかを下しやすいということを体験した人もおられるでしょう。

 

このページでは、便秘に牛乳がどんな効果を表すのかを特集していこうと思っています。
多くの方が学校の給食でも牛乳を飲んでいて、牛乳は体にいいと思っている方も多いと思います。

 

牛乳が便秘に効果があるといわれている理由は

  • ラクトース(乳糖)
  • オリゴ糖

この2つが牛乳には配合されているためなんです。

 

ラクトースもオリゴ糖も腸内フローラで善玉菌を増やすためのえさとして
活用されるので牛乳が便秘解消の助けになるというのは事実なんですね。

 

では、なぜ牛乳を飲んでお腹を下す方が多いのでしょう。
牛乳が便秘に効果があるのなら下痢にも効果があるということではないのでしょうか。

 

これにもちゃんとした理由があるんです!

 

下痢にまでならなくてもお腹がゴロゴロするという方も含めて、乳糖不耐症という体質である場合があるんです。
先程牛乳にはラクトースが入っていると説明したのですが、このラクトースをお腹の中で分解するラクターゼという酵素が
あるのですが、先天的にラクターゼが少ないのが原因といわれています。

 

つまりどんなに体にいいといわれている栄養でもお腹の中で処理することができないとちゃんと吸収することができないんです。

牛乳関連ページ

ハーブティー
便秘に効果のある飲み物のひとつハーブティー。その効果や飲み方などをおさらいしていきましょう。毎日どうやって飲んだらいいのかな?
豆乳
便秘解消に効果のある飲み物の一つと言われている豆乳。どういったポイントが効果があり、どういった飲みかたをすればいいのでしょうか。